絵本

2017年06月08日

思い出の絵本

あきです。

優ちゃんの絵本の記事を読んで、ふっと自分の子どもの頃
好きだった絵本を思い出してました。
有名な絵本なので、ご存知の方も多いと思います

『ぐりとぐら』
中川李枝子(作)/山脇百合子(絵)

この絵本は文章を覚えて、家事中の母の目の前に立っては
オンステージ披露しちゃうくらい大好きだったようで・・・。
(あの頃の記憶力はどこへ・・・・

シリーズものですが、私が知っているのは数冊だけ。
最初に読んだお話は、ぐりとぐらが大きな卵を見つけて
パンケーキを焼いて、森のみんなと仲良く食べる、っていう
もの。
子ども心に、「ありえない大きさ」のものが登場するのは、
まずそれだけでわくわくが高まる、高まる

ぐりとぐらと「私」でストーリーが進んでいた感じ。
大きな卵を、よいしょって運んで、割って、大きなボール
に小麦粉やお砂糖を入れて、まぜまぜまぜまぜ・・・

そしたら、食いしん坊の私にぴったりのパンケーキが登場
実際、当時、お休みの日に焼いてくれるホットケーキが
楽しみで、楽しみで
あれを目の前に座ると、いっつも、ぐりとぐらと「私」な
時間になって幸せだったんだよね(笑)

昔はホットケーキミックスで焼いたホットケーキが、
ぐりとぐらが食べてるパンケーキなんだって思っていたけど、
実際の「パンケーキ」の作り方を知って、ちゃんと材料を
揃えて、自分で作った時は、
「似てるけど、違う! 
 これが絵本の中のパンケーキなんだ!」
って、感動だった

あの絵本がよっぽど好きで、そしてそのパンケーキを実際に
食べたときの感動がよっぽど大きかったせいか、いまだに
パンケーキを作るときは、自然とわくわくしてる自分がいる。

単純だけど、パンケーキは、私にとってふっと童心に返れる
ものなんだよねえ。
メープルシロップじゃなくってね、バターとハチミツを
たっぷりかけて食べるの。

うーん・・・「ぐりとぐら」思い出したら、パンケーキが
食べたくなっちゃった
この週末は、また童心に戻るかな(笑)


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 16:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック

2017年06月04日

猫の看護師

優です。

みなさん、猫の看護師を知っていますか?

そのコは図書館で借りた絵本の中にいました。

2017051119250000
























絵本のタイトル通り、傷ついて施設にやってくるさまざまな
動物たちを看病しているらしいのです。
抱きしめたり、身体を優しくなめてあげたり、寂しくない
ようにそばに寄り添ってくれたり。。
動物を越えて癒し合う姿には、胸をうたれるものがあります。

名前はラディ、と、
絵本の中では呼ばれています。
本当の名前は、ラデメネス、というのだそう。

この猫の看護師は、本当にいる猫でした。
実際の写真を見ると、イラストと同じ黒猫ちゃんでした。
おめめがくりくりっとしていて、とても綺麗。
犬やリス、フクロウ、馬のような大きな動物にまでも自然に
寄り添っていました。


いいな。

子供に読んで聞かせながら、
ほんとの話なんだと思うとなおさらに、胸をぎゅうと
されるような、どういったらいいのかわからないような
気持ちになりました。

言葉じゃなくて気持ちでつながってるんだな。
気持ちは、ちゃんと伝わるんだな。。

この絵本は2016年に出版されたものです。
今、そしてこれからも、小さな身体で動物たちに
寄り添いながら過ごしていくんだろうな。

最後まで読んでから、本当にいる猫のお話だよ、
と言ったら、子供がとても驚いていました(^-^)

子供のための絵本選びは、
親子で楽しむ時間にもなっています。
また素敵な絵本を見つけに、図書館行こうっと♪


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 13:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2016年01月22日

読み聞かせ絵本(その2)

優です。

昨日の「読み聞かせ絵本」のお話の続きです。

昨日お話したほかには、保育園の図書コーナーが充実していて、
お迎えついでに借りることが多いです。
最近の子供のお気に入りは、「ぼく~したんだ」という、熊のくまたくんが主人公のシリーズ。
家にも「くまた」と名付けたおっきなテディベアのぬいぐるみがいるからなおさら、親近感が湧いたのかも。
SLに乗ったりキャンプに出かけたり、家族に共通する内容だから、子供と一緒に楽しんでいます

家にある本で何回も「読んで」と持ってくるのは「手袋を買いに」。
これは子供の誕生日に買ったもので、わたしも大好きな物語。新美南吉さんの名作ですよね。
イラストも綺麗だし、長い物語なのにちゃあんと細部まで聞き入っています。
子狐がしゃべる声にはいつも「かわいいね」と反応してくれるのが、
また嬉しい

何度も読んでいると、先の展開がわかってくるので、挿絵の細かい部分を指さして「ぼうしってかいてあるね」(ぼうしのイラスト)とか、言葉の意味を聞かれたりとか、子供なりにいろんな楽しみ方をしているのが面白いなぁって思います。
ならばとこっちも、声を変えたり表現を変えたりと応戦(笑)

読み聞かせはわたしにとって、子供とのコミュニケーションを兼ねた練習になってます

lupisブログへのご訪問、本当に感謝しています。
皆様の応援クリックに支えられ、活動を継続できています
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 15:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)mixiチェック

2016年01月21日

読み聞かせ絵本(その1)

少し前に、
優さんは子供にどんな本を読み聞かせているのかしら?
というご質問を頂きました

本選び……基本は子供に選ばせたり気分で選んでいるので、
深い選び方はしてないんです。。
ただ、わたし自身本が大好きな子供だったので、自分の子供にも
本好きになってほしいなぁとは思ってて。
生後半年くらいから、寝る前には本を読むことを習慣にし始めました。
わたしも一緒に寝てしまうので、一日の中でも一番ゆっくりと
子供と向き合える時間です。
ごろんと横になって「何読むの?選んでー」と本人に選んでもらいます。
寝室に絵本スペースを作って、新しい本を買ったときは、そっと
差し込んで何も言わない(笑)…でも、ほぼ気付いて「これ」と持ってくる。
よく見てるんですよね。

最近活躍してるのは『おとこのこのめいさくえほん』
男の子向けのお話が、全部で24話入ってます。
長い物語なんかは短く集約されてるから、まさに小さな子供向け。
この中から、子供の反応が面白かったり意外だったお話を取り上げてみますね。


「ジャックと豆の木」
 男の子が空までのびる豆のタネを植えて、
 人食い巨人から逃げながら高価な品々をいただいてくるお話。
 有名ですね~。
 楽しく、気合い入れて読んでいたら、
 巨人が「待ぁて~!」と追いかける場面でとうとう泣き出した(笑)
 「こわいからもう読まないで!!」
 …そんなに怖い声だった?

「長靴をはいた猫」
 貧しい少年が、たった一匹のしゃべる猫の知恵によって王子様に
 なるお話。イラストが可愛いこともあるけれど、
 「このおんなのこがすきー」
 と、お姫様のイラストにデレてましたね。
 魔女との対決シーンは、ちょっぴり怖かったみたい。
 怖がりな息子(4歳)なんです。

「耳なしほういち」
 思わず「読むのやめたら?」と止めたのだけれど「読んで」と
 せがむので。
 これまた気合い入れて読んだのに、
 なぜか真剣に聞き入った挙げ句「また読んで」と言われ、
 3日連続読むハメに。
 夜だし内容あれだし、逆にわたしのほうが怖くなって電気
 消せなくなりましたよ(^_^;)
 怖がりのくせに、なんでこれは平気だったのー?


明日につづく


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様の応援クリックに支えられ、活動を継続できています
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 18:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2015年11月15日

りんごかもしれない

みきです。
以前、薦めていただいてからずーっと気になって読みたいと
思っていた本を、読みました。

 『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ著)

何といっても、本のタイトルがね。
「かもしれない」って。。。
気になるかもしれない、いや気になるでしょう

読んでみたら、とっても面白くて、ものすごく私のツボにはまりました
りんご一つで、こんなにもいろんな発想が浮かんでくるんだ!
っていう発想の豊かさに、ほんと楽しませてもらいました。

またこれは絵本なので、一つ一つの絵を見ているとより想像が
膨らんできて、どこまでも~どこまでも想像の世界を楽しんでいけちゃいます。

あ~面白かったぁ~
教えていただかなかったら、自分では出会わなかっただろうな、この本。
面白い本に出会わせてくれたことに、感謝です(^-^)
またいい出会いしたいなぁ~


いつもlupisブログへのご訪問をありがとうございます。
皆様の温かいお心で、より良いものを目指してがんばれています
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ 



 



lupiswork2 at 20:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO