猫の看護師

2017年06月04日

猫の看護師

優です。

みなさん、猫の看護師を知っていますか?

そのコは図書館で借りた絵本の中にいました。

2017051119250000
























絵本のタイトル通り、傷ついて施設にやってくるさまざまな
動物たちを看病しているらしいのです。
抱きしめたり、身体を優しくなめてあげたり、寂しくない
ようにそばに寄り添ってくれたり。。
動物を越えて癒し合う姿には、胸をうたれるものがあります。

名前はラディ、と、
絵本の中では呼ばれています。
本当の名前は、ラデメネス、というのだそう。

この猫の看護師は、本当にいる猫でした。
実際の写真を見ると、イラストと同じ黒猫ちゃんでした。
おめめがくりくりっとしていて、とても綺麗。
犬やリス、フクロウ、馬のような大きな動物にまでも自然に
寄り添っていました。


いいな。

子供に読んで聞かせながら、
ほんとの話なんだと思うとなおさらに、胸をぎゅうと
されるような、どういったらいいのかわからないような
気持ちになりました。

言葉じゃなくて気持ちでつながってるんだな。
気持ちは、ちゃんと伝わるんだな。。

この絵本は2016年に出版されたものです。
今、そしてこれからも、小さな身体で動物たちに
寄り添いながら過ごしていくんだろうな。

最後まで読んでから、本当にいる猫のお話だよ、
と言ったら、子供がとても驚いていました(^-^)

子供のための絵本選びは、
親子で楽しむ時間にもなっています。
また素敵な絵本を見つけに、図書館行こうっと♪


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 13:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO