漫画

2017年06月16日

漫画の思い出

優です。

先日のみわさんの記事を読んでいたら、学生時代を思い出し
ちゃいました(^-^)

わたしもよく、朝まで本を読みふけった口なのですよぉ~、
ふっふっふ。

何度授業中に、
(あぁ、目を開けたまま眠る方法が、、
あれば…なぁ……Zzz.....)
と夢見ていたことでしょう。
(よいこは真似しないでね^-^;)

漫画もよく読みました。
高校生にもなれば、大量の文庫本を貸し借りし合うのが常で、
いつもカバンの中は本でぱんぱん。
入りきらずに手提げ袋を持って山道をよいしょよいしょと
登っていました。

片道約1時間、うち半分は登山という田舎っぷりだったので、
持ち運びもひと苦労。

中でも当時仲間内で流行ったのは『ぼくの地球を守って』と
いう日渡早紀さんの漫画です。

通称『ぼくたま』と
呼ばれていて、全21巻がグループ中を回っていました。
地球ではない惑星で生まれた少年少女たち複数名が、現代の
地球に転生して普通に生活している最中、徐々にかつての
記憶や能力を取り戻して、葛藤していく…。

という、壮大でファンタジックな内容に引き込まれて、
夢中になって読んでいました。
そういえば、この『ぼくたま』には続きがあるみたいで、
本屋で見かけて「こ、これは…!!」と気になりながらも
まだ手に取れていないなぁ。あきちゃんも書いていたけれど、
わたしも、漫画でさえさくっとなんて読めなくて、とことん
ひたってしまう性分なので、今手にするのは、危険。

日常生活に支障が出てしまう;

あ~、それにしても、
みわさんの紹介してくれてた漫画、とっても面白そう。
タイトルにある『季語譚訪』という部分、響きが素敵。
わたしも読みたくなっちゃった~(≧▼≦)


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年05月28日

和世界の漫画

あきです。

この前、みわさんの記事に
東京季語譚訪(とうきょうきごたんぽう)」って
漫画のことが書いてあって、そのタイトルがいいなあ、
って思って、調べてみたら、この作者は
「ぬらりひょんの孫」を描いた椎橋寛先生の作品だった。

商品や本はパッケージやタイトルで選ぶことが多いけど、
漫画はタイトルとともに絵の好みも私にとっては必要。
「ぬらりひょんの孫」は好きな漫画のひとつだったので、
この東京季語譚訪」も読んでみたい!、とすぐに思った。

すぐにでも買いたいところだけど、しばし我慢。
というのは、読もうと思って手元に取り寄せている本が
いっぱいあるから・・。
漫画なんだから気軽に読んでしまえばいいじゃない・・
と思う方もいらっしゃるだろうけど、私は気に入ったお話や
漫画は覚え込むほど何度も何度も読み返す・・。

最初はさらっと読んで、それからもう一度じっくり、
もう二度じっくり、もう三度じっくり・・と

だから、今すぐに読んで気に入っちゃったりしたら、
いろいろ・・いろいろやることがあるから、とっても危険
だって・・その作品世界に浸っちゃうといろいろとね、
止まっちゃうから(苦笑)

だけど面白そうだなあ。
季語を擬人化するって発想も面白いし、美しい日本語の
季語を絵にするその「和」の世界が何より興味がある。。。

「譚訪」って部分も、古い表し方なんだよね、きっと。
今なら「探訪」って表すものね。
そういうタイトルの言葉の使い方もなんかいいな・・。

みわさん・・私も読みたくなっちゃったぞ・・。
買ってしまいたくなっちゃったぞ・・。
ああ・・そしたら執筆とか制作とか作業が止まっちゃうぞ?

でも・・・。
面白そうな漫画情報に感謝



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 19:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2017年05月23日

たまには、本など・・・( ̄― ̄)

どうも、己和です。

本などとは言ってはみたものの、ゴメンナサイ。
漫画です。。。。。。ヽ(;▽;)

学生の頃は小説とかもしっかり読んでたんですがね~、
大人になってからは
漫画の方が多いです。

おいらってば、読み出したら最後まで読まないと気が
済まない質で、
小説なんて読み始めた日には、
徹夜(今はもう出来ませんけど)で読んでしまう方
だったんです。

おかげで次の日の授業は悲惨でしたが 

それはおいといて

東京季語譚訪(とうきょうきごたんぽう)」

と言う漫画を最近読みまして。

これが中々、設定が古くて新しいみたいな感じで
面白かったんです


簡単に言うと、連歌、俳句とかで使う季語を擬人化して、
主人公だけはそれが見えるのでそれらを軸として
広がっていくお話です。


『季語を擬人化って???
 なんでもかんでも擬人化しやがって』

とはじめは思ったのですが、絵で見ると何だか意味も
知らない季語でもなんとなく『へ~~~ (゜Д゜) 』
って感じでなんとなくわかる気がしました。
絵も綺麗ですし。

歴史を漫画で覚えるみたいに季語もこんな風に覚えたら
面白いかもね。

機会があれば、ちょっと中身を覗いてみて下さい。

でも、立ち読みはダメですよ (^.^;


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 19:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2015年11月21日

映画「バクマン。」

みきです。
映画「バクマン。」を観てきました!

原作のマンガは読んだことがなかったのですが、映画は十分
楽しめました。
特に私は、マンガを描いているときの映像表現が、不思議な
感覚がして、とっても面白かったです。
そして、主人公たちがマンガに真剣に打ち込んで、それだけに
全てを懸けて作品を創り上げている姿勢が、とても素敵だなと
思いました。

こういうのを観ると、私も何かしたいなって思っちゃいます。
映画の中で出てくる、” 「友情」「努力」「勝利」 ”っていう言葉も、
なんだか気持ちが熱くなりました

私はマンガを描いたことがないので知らなかったけど、ほんと、
マンガを描くって大変なことなんですね。
読者としては、お話の先が気になるから、早く続きを読みたいっ!
って思うけど、週刊誌だと毎週締切があるってことですものね? 
しかも、面白くしなきゃいけないという。。。
そんなに次々にアイデアを生み出せる漫画家さんてすごいなと。
もちろん体力も。
続きが載っているのが当たり前な感覚だったけど、連載を続けて
いくって、すごいことなんだなと改めて感じました。

映画のラストにかかった「サカナクション」の歌も、とても映画に
あっていて最後まで気持ち良く観ることができましたよ

しばらく手に取っていなかったけど、久々にマンガ、読んでみたく
なりました

本日もlupisブログへのご訪問、本当に感謝しています

今日も皆様からの応援のワンクリック ”ぽちっ”押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2013年02月17日

チムア・ポート  by己和

羅川真里茂と言う漫画家さんをご存知でしょうか?

有名な作品では『赤ちゃんと僕』ですかね♪
アニメにもなりました
オイラはこの作家さんが好きなんです

どの辺がと言われるとボキャブラリーが貧困なオイラは…なのですが…
絵が好きなのは勿論
少し暗めの話でも真っ直ぐ描いてる所とか
漫画なので創り物なんだけどなんかリアルな感じがするとか
あ~ぁぁ…スマヌ(T^T)説明難しいm(__)m

とにかく、最近その作家さんの
『チムア・ポート』
という作品を読みました 漫画ですもちろん。

人間以外の生物チムア
その主人公がポートと言います。
つ~かこの生物が可愛いったらありゃしない
物語はポートと人間のお話です。
内容は読んで欲しいので秘密でっすヽ( ̄▽ ̄)ノ

ファンタジーと言えばそれまでなのですが、読んで見るとなんとも切なく…愛しい事でしょう(T^T)
久しぶりにファンタジー感動って

好き嫌いは人それぞれですのでオイラと同じように感じてはもらえないかもですが、興味がありましたら是非(*´∇`*)
ご一読下さいませませ


本日もご訪問ありがとうございます
皆様の応援に、いつも感謝の気持ちでいっぱいです

2013年3月23日(土) 午後13時30分開演
lupis-るぴす- 第15回朗読公演in大阪のご案内
をさせていただいておりますので、ご都合がよろしいようでしたら、
lupisの世界を聴きに、また、lupisメンバーに会いにいらしていただけたら・・本当に嬉しく思いますので、ぜひともよろしくお願いします
お手数ですが、詳しくは2/5掲載の記事をご参照ください
http://lupis.doorblog.jp/archives/cat_851862.html
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


lupiswork2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO