タイトル

2017年05月26日

洞察力にハナマル

先週、みきちゃんの記事で「あき予報」されていました
あきです

いやー・・さすが長年の付き合い。
よく分かってらっしゃる・・・と思って読んでました(笑)!

そう。
ほんとにね、商品のパッケージに興味を注がれちゃうの。
デザインとか美味しそうな写真もだけど、言葉にも
「わぁ」と楽しくなっちゃう。
つい昨日もこれ・・・

170522_1755~01























こういうベタな謳い文句にもすぐわくわくしちゃいます
また、これが好きな類のものだから余計に(苦笑)

優ちゃんが「本の選び方」で、背表紙のストーリー紹介とか
いろいろ選び方はあるけど、私は文体で選ぶ、って書いて
いたのを見て、そういえば私はどうなのかなあ、って
振り返ってみたら・・・

やっぱり本も「パッケージ」に弱かった・・。

主にタイトルで選んでいることが多い・・。
後は表紙のタイトルのデザインとか。
タイトルが上手ければ、「わあぁ、なにこれ、なにこれ
ってすぐ手にするタイプ。

だから読み始めて、得意な文体じゃないことに後から
気づいて、「うーん?」ってなることもしばしば。
そう思うと、本の選び方ひとつとっても違いがあって面白い
なって、いまさらながらに思っちゃった(笑)

みきちゃん・・私の本の選び方ももしかしてお見通しだった
のかな。
いや、お見事な洞察力です

あ~、ミニオンバナナが欲しい~


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 11:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2017年03月10日

作品のタイトル、どうしようか。

あきです。

初めて、タイトルが決まらない作品が出てしまいました。。。
書き上げたのは1月なのに、2ヶ月経ってもまだタイトルを
決められない・・・。
いつもなら、「この作品にはこのタイトルがいい」ってものが
(単純ながらも)自然と浮かんでくるんだけど、今回は
公演やらイベントやらと事務的な作業に追われているせいか
全く言葉の想像が降りてこない状態(^^;

そうなんです。
執筆って、「想像」を積み重ねる時間が必要だから、
あまりにも「事務的」な作業・・つまり「制作」ばかりに時間を
取られると、集中するのが大変なんです。
それは私だけかと思いきや、役者も同じみたい。
事務的な頭の動かし方と、想像的な頭の動かし方は違うのね。

まあ・・ずっと制作が頭を占めていたから、思いつくまで時間が
かかるのは仕方ない、「未題」のままでいっかー・・なんて
思ったものの、作品の管理をするには何かしらタイトルが
ないと不便。。。
「未題」じゃ・・なんとなく、頑張って書いた作品なのに可哀そう
に感じてしまって(._.)

それでふっと思ったのが・・・
何も絶対に作家がタイトルをつけなくてもいいんじゃない?
ってこと。

メンバーに作品を読んでもらって、この作品にタイトルを
つけるとしたら?、ってタイトルの応募をしてみるのも
面白いのかもしれない。
(⇒とても良いように書いていますが、ただの逃げ・・)

だけど、私の作品を演じるようになって約10年のメンバーが
新作に対してどんなタイトルワードを描くのか、ちょっと好奇心が
うずいてもくる(^□^)

なんてタイトルをつけるだろう?
作品から何を感じ取ってタイトルを思い浮かべるだろう?

・・・気になる。
一度・・・試してみようかな


4月8日(土)にお稽古交流会を行います
「ギフトタイム」という、ある家族と家族の交流を描いた作品で、テンポの良い楽しいお話となっております。
交流会らしく、いろいろな方法を試しながら参加者みんなで築く時間
初心者の方も大歓迎!!
効果音やBGMもついて、まるでラジオドラマのようなお稽古時間を一緒に楽しみませんか?
ご興味ある方はぜひ、お気軽にご参加くださいね 
詳細はこちらに明記しています。
http://lupis.doorblog.jp/archives/2017-02-20.html


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ


lupiswork2 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2012年09月08日

作品タイトルって  byあき

作品タイトルって、つけるのが意外と難しいなあって思います。

他の作家さんはどうしているのかなあ?

これはネーミングセンスが問われる問題だけど・・実際、身の周りのものに対して自分がつけている名前を思い返してみると、私ってつくづくネーミングセンスがないなあ、って感じます(苦笑)



ダックスフンドのぬいぐるみ ⇒黒かったので、Blackの「B(ビー)」ちゃん
ゴリラのぬいぐるみ  ⇒ゴリラの「ごり」ちゃん

きりんのぬいぐるみ ⇒ちょっと考えて、きりんの「りんりん」くん

うさぎのガラスの飾りもの ⇒ちょこっとひねって、「うさまる」くん

青い鳥モチーフのアクセサリー ⇒なんのひねりもなく、「幸せの青い鳥」ちゃん



「そのまんまやん

って、つっこまれること間違いなしの名付け方です



ちなみに私は大阪出身なので、ボケとツッコミは生活の一部だったりします。

まー・・私自体は、ツッコミを夢みる「ボケ派人間」ですけどね。。。



だから、朗読タイトルはほんと、感覚を研ぎ澄まして、描いている世界にマッチするような・・、みんなが作品の雰囲気を受け取りやすいようなタイトルを、・・って思ってつけてたりします

もちろん全部が全部じゃなくって、中にはぱっとひらめいたまま付けているタイトルもあるんですけどね~。



<ひらめき系タイトル>

 「夢祭り」 「王さまになりたくて」 「比翼のきもち」 「初恋旋律」 「終わりなき嘘」など・・

<ちゃんと頑張って考えた系タイトル>

 「僕、時々ハイド」 「トランク旅行」 「白の季節」 「溶ける心」など・・



どうでしょう・・。

どっちもどっち?



もうすぐ、またひとつ作品が書きあがるから、いい名前(=タイトル)をつけてあげたいなー。o O
ちなみに今書きあがりそうな作品は「ひらめき」+「思考」のタイトル。
言葉の響きはぱっと思いついたので、そこにちょっと「考え」を加えて題名付けしようと思ってます



いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の優しさに、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもより楽しいブログ作りに励みますので、よろしければポチッ、と応援クリックをお願いいたします

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへ




lupiswork2 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO