カルチャー

2018年03月07日

輪唱と効果音

あきです。

先日、カルチャーで「怪談」作品に取り組んだことを
お話しました。

1月~3月の間は、なるべく気持ちの解放や、
表現の広がりにつながるようなレッスンをしようと
思っています。

怪談話もそのひとつでした。

ということで、その次に試みたのが「輪唱」と「効果音」。

擬音の多い題材をもちいて、輪唱や効果音を人の声で
演じることで、作品世界の雰囲気を広げるレッスンを
しました。

最初は、「難しいー!!」と、眉をひそめあっていた
生徒さんたちでしたが、見本を見せながら少しずつ
理解と想像ができてきたようで、地文を演じている人に
合わせて、綺麗な音を入れるようになりました。

始めは、地文に対して一人の輪唱・効果音だったのが
次は二人に追加し、最後は三人へと。

音が感じさせる「感覚」を感じてもらいたくて、
私も混ざって演じてみました。

音の響き、そして重なりにもこだわって演じる。

その楽しさをもっとレッスンを通じて行いたいなと
思っています。



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 14:00|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年03月05日

怪談話

あきです。

lupisでは私を含め、メンバー全員「怪談話」が苦手なので
絶対に演らないジャンルの作品です。

ただ、カルチャーでは生徒さんたちの要望があったので、
一度だけと思い、最近、レッスンで怪談話をやりました。

怪談話の難しいところは、あからさまに、「怖がらせてやる」
と思って読んではいけないところです。

みんな手にしたお話を、「いかにも」な声色とスピードで
演じようとしていましたが、聞いていて逆に間延びに感じたり、
その「いかにも」な声色に聞き疲れてしまったり・・・。

怖い話であっても、やはり演じ方、作品の届け方によって
「怪談」にならないことを、みんなで感じ合うところから
レッスンを始めました。

ではどうするか。
「いかにも」の空気やノリだけで演じるのではなく、
やはり、どういう情景かをしっかり思い浮かべて届けようと
することが大事。
そのうえで、最後のオチをどう聞かせるか、ここが一番
「間」が大切になります。

最初は、「怖い」「怖い」と言っていた生徒さんも、そのうち
どうすれば聞き手を情景に引き込んで、最後に「はっ」とさせるか
を真剣に考えて読み込んでいました。

情景描写・・・そこにある温度や音などもしっかりイメージして
相手にしっかりイメージを届けること。

これは怪談に限らず大切なこと。
「怖い」というスパイスだけに気をとられて雰囲気で読んでは
いけない。
イメージすることが取り組むうえで、やはり大切なことなんだ
ということを学んだ時間でした。

とはいえ・・・・
やっぱり怪談話は怖いからいや(><)
次回からはまた課題の作品に戻りますよ☆

けど・・・
「怪談」でありがちな、「あ! 後ろに・・・!!」と、お互いからかい
合って楽しむ生徒さんたちの無邪気な姿を見られたのは、
なんだか可愛く感じました(^^)



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 16:25|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月12日

発表会レポ

あきです。

先週の土曜日、無事カルチャーの発表会が終える
ことができました。

今年で3度目となる発表会。
コメディ、童話、そして文学作品と様々なジャンルで
構成した時間でした。

1年目、2年目は、演読の講座が始まったばかりだった
こともあり、主に、「解釈や気持ちを大切に演じる」ことに
重きを置いた発表会でした。
今年もまた新しく入られた生徒さんが3名もいらっしゃる
中ではありましたが、思い切って、どの生徒さんにも
「振付」を入れての演読発表会。

生徒さんたちには無理に動く必要はないとは伝えましたが、
ただ、一つで良いので、お客様にイメージを伝えるための
動きに挑戦してみて欲しい、そう思ったので、ポイント、
ポイントに振付を行いました。

動く、って、簡単なようでいて難しい。
簡単そうに見える動きや、何気ない動きひとつとっても、
動いた時点でその動きには意味が生じます。
しっかりとイメージをもって動かないと、お客様には
伝わりません。
といって、動けばいいというものでもなく・・。
あまりに動きが多いとそれはそれで、観る者のイメージの
邪魔をすることになってしまいます。
良いバランスをもって、声と心と動きで表現する・・・

今回はその一歩に挑戦できた発表会だったのではないか、
と、生徒さんたちの表現をみていて感じました。

というか・・・(苦笑)
稽古の時より断然、良い出来で驚きました(笑)
なんて本番に強い方たちなんでしょう、と(^^)

生徒さんたちの熱演に、感動して涙されたお客様も
いらっしゃいました。
演じる側、観る側ともに温かい気持ちで築いた発表会の
時間だったと思います。
そして、そんな時間を生み出した生徒さんたちに
ひそかに感動し、誇りに思っていました。。。

来年、より温かい作品を届けるべく、よりみんなで楽しく
取り組めるようなレッスン作りに励みたいと・・・
思いました(〃▽〃)

がんばらなくちゃ、ね☆

lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ


lupiswork2 at 15:43|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月07日

カルチャー発表会(2017年)

あきです。

今週末、12月9日(土) 私が講師をつとめさせていただいている
「演読講座」の生徒さんによるクリスマス発表会を行います。

今回で3回目となる発表会。
今年は私が執筆した作品以外での構成となります。

小話から童話、そして文学作品と、みんな楽しんで演じている、
まるでおしゃべり会のような雰囲気の楽しい発表会なので、
お時間がよろしければぜひ、観にいらしてくださいね。

時間: 午後14時開演~
     ※お部屋への入室は開演の15分前、13時45分からです。
場所: JR府中本町駅そばの「ヨークカルチャーセンター府中」
     B教室にて
料金: 無料

発表会の時間は、休憩時間を含めおおよそ1時間弱程度となります。
お気軽に「ほのぼの発表会の世界」にお越しくださいね


culture_flyer_20171209











lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 21:03|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年10月23日

カルチャー日記: 発表会のお稽古 

あきです。

カルチャー講座のほうでも発表会に向けての練習が
進んでいます。

今年で3回目となる「発表会」。
過去2回は、初心者の方ばかりなこともあり、発表会の
目標を「人前で読むこと」と、「表現を楽しむ」ことに絞って
行ってきました。

でももう3回目となるなら、今年からは少し目標を変えて、
少しずつ発表会の「質」をあげていくことに重きをおいて
みようかなという気になってきました。

「演読」の基本のまま演じる。

まだ動きに慣れていない方も多くいらっしゃるものの、
演読の「振付」に挑戦、ということで、個々人それぞれに
簡単な振付を行いました。

声と動きでみせるもの、として、「シンプル」な形で作品を
お見せしたいと思います。

シンプルであればあるほど、誤魔化しがきかず、それぞれの
表現の力量が必要となってきますが、まずは何事も挑戦(^^)
生徒のみなさんとともに、「演読」の世界を少しでもお届け
できたらと思います。

そして演読表現のもと、演者もお客様も「想像」を楽しみあう
時間をご一緒できればと思いますので、12/9(土)午後14時から、
もしご都合よろしければ、ぜひ発表会にいらしてください

演読講座 クリスマス発表会
  日時: 12月9日(土) 午後14時開始
  場所: 府中ヨークカルチャー B教室にて




11月25日(土)亀戸梅屋敷で、lupis演読公演を行います
ご都合がよろしければ、ぜひ観にいらしてくださいね♪
詳細はこちらでどうぞ(*´ω`*)!
http://lupis.doorblog.jp/archives/2017-09-30.html
17_leaf_2












るぴすブログへお越しいただきましてありがとうございます。
皆様からの”ぽちっ”・・応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner



人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 14:09|PermalinkComments(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO