メンバー趣味の部屋

2018年07月07日

「職人衆昔ばなし」斎藤隆介

こんにちは。みきです。
教えていただいた本を読んでみました

『職人衆昔ばなし』
著者は斎藤隆介さんです

ん?どこかで聞いたお名前。。。と思っていたら、
『モチモチの木』『ベロ出しチョンマ』の作家さんでした。
私の中では絵本作家のイメージだったので、ちょっと驚き。

この本は、いろんな職人さんに作者が直接お話しを聞いたものが集まっています。
職業は、大工、左官、瓦師、石屋、螺鈿師、表具師・・・
など様々で、中には「指物師」という職業もあって、
「こんな職業があったんだ~」と興味がわきました。

職人さんの語り口調そのままで書かれているので、
「本を読んでいる」というより、その場でお話を聞かせて
もらっているような感覚。
明治生まれの職人さんたちの語り口調がとても心地よく、
すがすがしい感じです
時代の流れのゆったりした感じや空気感もあったかいです。

その人自身の言葉そのままだから、職人さんのその人となりがとても感じられて、これは、標準語できれいに整えられていたら決して伝わらないものだろうなと思いました。

また、職人さんのこだわりがすごいのです!
名人なのにとても謙虚だし。でも、謙虚だから名人と呼ばれる域まで達することができたのだろうな。
職人さんの言葉には学ばされることが多く、大切なことを教わっている気がします

私が素敵だなと思ったところは、人情を大切にしているところや、本当の意味での人とのつながりが感じられたこと。
人と人、人間味、心、、、人として大切なことがあって、
そこで人々がつながり育んでいっている大切な関係性があるってほんと素敵だなぁと。

今の時代は、いろんなものが手軽に安く手に入れることができて、それはそれで助かるしありがたいことなのだけど、
職人さんが命を吹き込んだ本物に触れてみたい!見ていたい!と思いました。

これまでは絵画や美術品など海外のものを見に行くことが多かったけど、日本の美術品にも機会があれば触れてみたいなと思います。

何より、職人さんたちのお話を聞きたくて、また読み返したくなる、そんな本でした。とても面白かったです

最後に、この本を紹介してくれたRinさん、素敵な本を教えていただきありがとうございました!

lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング






lupiswork2 at 12:00|PermalinkComments(7)mixiチェック

2018年06月23日

猫日記 ~シュシュで手作りおもちゃ~

ミントちゃんに、おもちゃを作ってあげました

 

2018060107540000























 材料:棒、黒いゴム、古くなったシュシュ

 とっても簡単

 

遊んであげると、とっても嬉しそう

 

2018053107540000






















     
           がぶり

 


2018053107540001























すっかりハンターに目覚めた凶悪なお顔

 

 

化粧台に、籠に入れたシュシュを置いていたんです。

そしたら毎日、帰るとなぜか、

シュシュがカーペットの上に落ちている…

 


犯人は、だれだ!?

 

 


2018053107540002






















 

おまえかー

 

 

というわけで、そんなに遊びたいならいっそ、

おもちゃにしてしまえ~

 

と思いついて作ってみたら、この有り様です。

愛猫が元気に遊んでいる姿を見るのは、

飼い主にとっても嬉しいこと。

 

もちろん、おもちゃ用以外は、

引き出しに入れて隠しましたよ。

全部捕られるわけにはいきませんからね

 

優でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner



人気ブログランキングへ





lupiswork2 at 18:00|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年06月20日

『兄の嫁と暮らしています。』

みなさま、どうも、己和ですっ (。・ω・)ノ゙

さて、タイトルですが、何かと申しますと・・・
ハイ、( -д-)ノ 漫画です。

タイトルだけ見ると少年誌にありそうなタイトルですが
あっ、でも ヤングガンガンで連載だから少年誌より
なのかな?
とはいえ 内容はとても優しい、時にせつない、
家族のお話です。
作者は「くずしろ」さんです。

本の裏のあらすじ説明には、いつも

『他人だけど家族』━━
(中略)
日常センシティブストーリー

と書かれてあります。オイラの心をくすぐる感じ
しかも絵もきれい!!

内容は、主人公の高校生は両親を早くに亡くし
兄と二人で生活してきた。
その兄も半年前に結婚して兄夫婦と3人新しい生活を
始めた矢先、兄が病気で亡くなります。
残された 主人公(妹)と兄の嫁はそのまま一緒に暮らします。

一話の最後に 
「兄の嫁と暮らしています ただ それだけの話しです」
と書いてあります。
なんだかちょっと せつなくて心に感じるものがありました。
当たり前なんだけど、人はいろんな人と関わりながら
生きている,そんな感じがします。
なんというか義理だけど二人の姉妹の関係、
少しずつ変化していくんだけどとても愛おしくなります。
それに、猫も居るよ

どきどき、わくわく。爽快感!のような感じをお求めの方には
おススメできませんが、ゆっくりと優しい、ちょっとせつない感じが
好きな方にはおススメですよ。
ただ~し感想はあくまで個人的意見です。
今は4巻まで出ていま~す。

あと、もひとつ面白いなと感じたのは、
カバー裏表紙がカバー表紙と連動した感じで
『兄と兄の嫁と暮らしています』
としてイラストが書いてあります。
3人だったら・・・・って感じでしょうか。





るぴすブログへお越しいただきましてありがとうございます。
皆様からの”ぽちっ”・・応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner



人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 07:00|PermalinkComments(2)mixiチェック

2018年06月17日

絵本の読み聞かせ『トラのじゅうたんになりたかったトラ』他

優です。

絵本の読み聞かせを聴いてきました

子供たちが本に親しむ時間を持とうと、

熱心に取り組む学校が増えてきているようです。

 

子供の入学した小学校でも、

月に数回の朝の読み聞かせタイムが習慣化されていました。

 

聴きたい!!

 

というわけで許可をもらい、

6年生の教室で生徒たちに混じって、
お話の読み聞かせに参加。

子供たちは床に防災頭巾を敷いて、

(座布団にもなる優れアイテム!)

静かに三角座りでスタンバイ。

さらに後ろでわたしも静かにスタンバイ。

今回読んでくださるのは、音楽の先生です。

ワクワク、楽しみ

 

持ってきてくださってた絵本は、

『トラのじゅうたんになりたかったトラ』と
『かえるがみえる』

(ここから内容に少し触れます)

 


ひとつめのお話は、王宮でトラの絨毯の
「フリ」をしながら生活する、トラのお話です。

毎日寝そべっているだけで美味しいご飯にありつける
生活にご満悦。

設定だけでも思わず笑みがこぼれてきますね。

ところが、隠しきれない体臭のせいで
洗濯されちゃったものだからさぁ大変!

ここから、生きているトラとバレたらどうしよう…

と悩むトラと、その後の展開がハラハラして見ものでした。

バレて、本物のトラの絨毯にされてしまうのか、

それとも…?

 

『かえるがみえる』

かえる、という言葉を使った言葉遊びが楽しい短編でした。

お話というよりも、かえる、ということばに似た言葉って
こんなにあるんだ~

という、日本語の面白さを感じられる作品でした。

 


さすが音楽の先生、

お腹からしっかりと発される声は、

教室の最後尾まで明瞭に響き、
まるで歌うような優しい読み聞かせ


1日のはじまりにお話の世界にひたれるって、いいな。

授業前ならなおさら、リラックスできるように

日常とはかけ離れた物語が嬉しいかもしれないな…

 

このあと仕事が待っていましたが、

なんだかいつもよりも穏やかな気持ちで

職場に入れたような気がします。

お話でほぐしてもらうことで、

心が柔らかくなったようでした。

物語とふれ合う時間がもてるって、とても幸せなこと。

わたしもこんな風に、耳にした人が物語の世界にひたって、

ほんのひとときでも心がほぐれるような、

そんな風にお話を読みたいな…

と改めて思ったひとときでした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング




lupiswork2 at 12:30|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年06月14日

DVD鑑賞: ミッシングナイン

あきです。

韓国ドラマ、「ミッシングナイン」。
DVDで一気見しました。

何か面白いものないかなあって探していたら、
このDVDが目に入って。
無人島に墜落した飛行機の生存者たちのお話
って感じで書かれていたから、海外ドラマ「LOST」
に似た感じの内容なのかなあと思い、早速レンタル。

無題














「LOST」も気になりながらも、あまりにシーズンが
長いので、まだ見始めることができないままの作品。
確か、6シーズンあったような・・。
面白そうだけど長いからハマると大変・・・・

こちらの作品は全10巻だったので、まあ・・・
まだ見やすいのかなと思い、期待をして見始めました。

無人島での生活と、生還して帰国した現在とが
クロスしながら描かれていて、
「どうなったの、どうなったの?」
と思いながら、観ていました。
(「LOST」と似ているのかと思いきや、全然違った。)

犯罪の隠蔽も絡んできて、視聴者的にはもう犯人が
見えているので、「早く捕まればいいのに」と
ハラハラ、イライラすることも。

「ハッピーエンドがいいな」って思いながらラストまで
一気見でした(笑)


・・・ただね。
ラスト。。。

「ここまで作り上げたのになんで!?」
ってシーンがあって、そのシーンだけは個人的には
残念だったし、蛇足的に感じました。。。


「終わり良ければ総て良し」っていうけれど、
本当にラストの締め方って大事だなと思った瞬間。

良い部分も、そう感じない部分も、
何かを観ることで得られることはいろいろあって、
私もお話を書くときに、ラストを無駄に過剰にしないよう
注意しなければ、と思いました。

だけど、題材的には楽しめた作品でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング



lupiswork2 at 22:00|PermalinkComments(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO