メンバー趣味の部屋

2018年08月14日

図書室と江戸川乱歩

優です。

 

絵本のことで、あきちゃんが質問くれてましたね。

住む場所も離れてるし、

こんな他愛ない話ってなかなかできないものね。

せっかくだし、この場を借りて思い出してみようかなぁ

 

お気に入りだった絵本って?

と聞かれていたけれど、

実はわたし自身には、読み聞かせどころか、

幼い頃に絵本を読んだ記憶がないのです。

 

ただ気がついたときには本が好きで、

小学校ではいつも図書室に入り浸っていました。

本さえあればひとりで過ごせたし、

夢中で読んでいたんだけど、

何を読んでいたのかはほとんど思い出せなーい

たぶん、目についた本を、
特に考えなしに選んで読んでたんじゃないかなぁ。

そんな中、唯一作者で思い出せるのが、

江戸川乱歩さんです。

小学生のときには、

この人を読むために図書室に通ってた覚えがあります。

ずらりと本棚に並んだ「少年探偵」シリーズは、

表紙のイラストが不気味なんだけどなんだか気になって、

装丁のしっかりした分厚い本は、

手に取るだけでドキドキと胸が高鳴りました。

 

 

――というように、夢中になって読んだ記憶があるのに、

内容はさっぱり覚えていないんです、、なんでだろう
気になって、原点でもある(はず)の「少年探偵団」を
手に取ってしばらく読んでみましたが、
やっぱり内容は覚えていませんでした。
ただ、手にしたときに、空気感みたいなものはあったかな。
なんていうか、あ、懐かしい感じ・・みたいな。

 

絵本を読むようになったのは、

自分に子供が生まれてからのことです。

同じように本を好きになってほしい。

という願いと、

小さい頃に自分が体験できなかったからこそ、

子供には目と耳でお話を聞く、

という体験をさせてあげたいなって思ったの。

そんな絵本も、今では自分が楽しんで読んでいるから、

新しい世界が広がって、ますます本が
好きになっています

 

そういえばメンバー内では、

みわさんの漫画好きが定着しているけれど、

みわさんの記憶に残る本はどんなだったんだろう?

今度、教えて欲しいなー(≧▼≦)



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング




lupiswork2 at 12:30|PermalinkComments(2)mixiチェック

2018年08月03日

ワタクシ、かぶきものです。

皆さま どうも己和です

毎日暑いですね。通勤自転車のタイヤが溶けそうです。

さて、ワタクシそんな猛暑真っ只中のある夏の日
義母さまと『初・松竹歌舞伎』に行ってまいりましたぁぁ

024








観たい観たいと思っていた歌舞伎、2ヶ月前からチケットを
用意し、普段お出掛けを余りしない義母さまを誘い。
暑さもなんのそのウキウキと

一言で言うと面白かったです。
演目もなのですが、襲名披露の口上 と言うのもありまして
こういうのを聞けるのはめったに無いだろうと思ったのと
三番目の演目の『棒しばり』と言う演目は他で見たことが
あって、内容的に余り芝居とかを観たこと無い義母さまでも
わかり易い演目だろうと思ったのです。
1番目の『人情噺文七元結』はさすがの「八代目中村芝翫」
成駒屋!の掛け声も聞こえました
うまいこと声かけられるよね。

ですが、ワタクシ的にはやはり若い二人の『棒しばり』が
印象深いです
内容を簡単に説明すると主人が留守の間にいつも屋敷の酒が
減っている
これは仕えている二人がこっそり飲んでいるのではないか
と思い飲めないように二人の手を縛って出かけるのですが、
その状態でなんとしても酒を飲もうとしている二人のやりとり
・・・・のような内容です。

とにかく半端ない運動量で汗だくの二人、
それをありがたいことに一番前で観れて(端っこですけど)
すごく感激しました、表情とか声の使い方とかとても豊かで
勉強になります。
あと、この演目は芝居をしている後ろで音が鳴っています。
勉強不足で申し訳ありませんが
尺八、三味線、歌を歌う人、鼓とかとかの和楽器?の生演奏です。
素敵でしたぁぁぁ

あっ、そうそう素敵と言えば
舞台で演じる歌舞伎俳優のそばについて小道具を持たせたり
衣裳の早変わりなどを手伝うのが黒衣(くろご)。
と言うそうなのですが、
ワタクシ側の方の舞台にいらっしゃる黒衣さんがチョ~~~~
かっこよかったですぅ
手伝う所作も美しくて途中からその人が気になって仕方がなかった  
どこみとんね~~~~んって突っ込みありがとう)

やはり、日本の伝統はすばらしい
チャンスがあれば又、観たいです 



るぴすブログへお越しいただきましてありがとうございます。
皆様からの”ぽちっ”・・応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner



人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 07:30|PermalinkComments(2)mixiチェック

2018年07月27日

絵本の読み聞かせ『キャベツくん』

優です。

小学校で、絵本の読み聞かせをはじめました

 

以前からずっと、やってみたい、と思っていた活動で、

初日が近づくにつれて、

ドキドキは高まるばかり

絵本も、子供たちに、

何を読めば楽しんでもらえるかな?

朝から、わくわくな気持ちになってもらいたいな。

 

と悩みに悩んで、

前日まで悩んでようやく選んだのは、

長新太さんの「キャベツくん」

 

2018071614060000
























この方の絵本を初めて手に取って、

そのわけわからない面白さに、

衝撃を受けてしまったの。

 

そりゃあ、

お腹がすいたぶたさんの目の前にキャベツが現れたら、

食べたくもなるよね。

だけど、キャベツくんは、

黙って食べられるただのキャベツじゃあなくて、、

 

 

読書は好きだし、これまでに舞台経験は積んできたものの、

絵本、となると、ほとんど初心者

そして知れば知るほど奥が深いジャンルです。

司書の先生にレクチャーしていただき、

 

「いちばんは、子どもたちと一緒に楽しむことですよ」

というアドバイスをいただきました。

 

気楽に、楽しく

 

 

読もうとしたけど、

小学校の子供たちの前で読んだのは初めてだったから、
ちょっと力、入りすぎちゃった…かな

るぴすで読む大人向けの作品とは違って、

読むときに気をつけるべきところが違っていて、

その発見が新鮮で難しいと感じる反面、
面白いところだったりしました。
でも、お話を、声を、

耳を傾けてくれる方向に届けることは同じです

 

楽しみながら続けていけたらいいな



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング




lupiswork2 at 12:15|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年07月07日

「職人衆昔ばなし」斎藤隆介

こんにちは。みきです。
教えていただいた本を読んでみました

『職人衆昔ばなし』
著者は斎藤隆介さんです

ん?どこかで聞いたお名前。。。と思っていたら、
『モチモチの木』『ベロ出しチョンマ』の作家さんでした。
私の中では絵本作家のイメージだったので、ちょっと驚き。

この本は、いろんな職人さんに作者が直接お話しを聞いたものが集まっています。
職業は、大工、左官、瓦師、石屋、螺鈿師、表具師・・・
など様々で、中には「指物師」という職業もあって、
「こんな職業があったんだ~」と興味がわきました。

職人さんの語り口調そのままで書かれているので、
「本を読んでいる」というより、その場でお話を聞かせて
もらっているような感覚。
明治生まれの職人さんたちの語り口調がとても心地よく、
すがすがしい感じです
時代の流れのゆったりした感じや空気感もあったかいです。

その人自身の言葉そのままだから、職人さんのその人となりがとても感じられて、これは、標準語できれいに整えられていたら決して伝わらないものだろうなと思いました。

また、職人さんのこだわりがすごいのです!
名人なのにとても謙虚だし。でも、謙虚だから名人と呼ばれる域まで達することができたのだろうな。
職人さんの言葉には学ばされることが多く、大切なことを教わっている気がします

私が素敵だなと思ったところは、人情を大切にしているところや、本当の意味での人とのつながりが感じられたこと。
人と人、人間味、心、、、人として大切なことがあって、
そこで人々がつながり育んでいっている大切な関係性があるってほんと素敵だなぁと。

今の時代は、いろんなものが手軽に安く手に入れることができて、それはそれで助かるしありがたいことなのだけど、
職人さんが命を吹き込んだ本物に触れてみたい!見ていたい!と思いました。

これまでは絵画や美術品など海外のものを見に行くことが多かったけど、日本の美術品にも機会があれば触れてみたいなと思います。

何より、職人さんたちのお話を聞きたくて、また読み返したくなる、そんな本でした。とても面白かったです

最後に、この本を紹介してくれたRinさん、素敵な本を教えていただきありがとうございました!

lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング






lupiswork2 at 12:00|PermalinkComments(7)mixiチェック

2018年06月23日

猫日記 ~シュシュで手作りおもちゃ~

ミントちゃんに、おもちゃを作ってあげました

 

2018060107540000























 材料:棒、黒いゴム、古くなったシュシュ

 とっても簡単

 

遊んであげると、とっても嬉しそう

 

2018053107540000






















     
           がぶり

 


2018053107540001























すっかりハンターに目覚めた凶悪なお顔

 

 

化粧台に、籠に入れたシュシュを置いていたんです。

そしたら毎日、帰るとなぜか、

シュシュがカーペットの上に落ちている…

 


犯人は、だれだ!?

 

 


2018053107540002






















 

おまえかー

 

 

というわけで、そんなに遊びたいならいっそ、

おもちゃにしてしまえ~

 

と思いついて作ってみたら、この有り様です。

愛猫が元気に遊んでいる姿を見るのは、

飼い主にとっても嬉しいこと。

 

もちろん、おもちゃ用以外は、

引き出しに入れて隠しましたよ。

全部捕られるわけにはいきませんからね

 

優でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner



人気ブログランキングへ





lupiswork2 at 18:00|PermalinkComments(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO