優の部屋

2017年06月16日

漫画の思い出

優です。

先日のみわさんの記事を読んでいたら、学生時代を思い出し
ちゃいました(^-^)

わたしもよく、朝まで本を読みふけった口なのですよぉ~、
ふっふっふ。

何度授業中に、
(あぁ、目を開けたまま眠る方法が、、
あれば…なぁ……Zzz.....)
と夢見ていたことでしょう。
(よいこは真似しないでね^-^;)

漫画もよく読みました。
高校生にもなれば、大量の文庫本を貸し借りし合うのが常で、
いつもカバンの中は本でぱんぱん。
入りきらずに手提げ袋を持って山道をよいしょよいしょと
登っていました。

片道約1時間、うち半分は登山という田舎っぷりだったので、
持ち運びもひと苦労。

中でも当時仲間内で流行ったのは『ぼくの地球を守って』と
いう日渡早紀さんの漫画です。

通称『ぼくたま』と
呼ばれていて、全21巻がグループ中を回っていました。
地球ではない惑星で生まれた少年少女たち複数名が、現代の
地球に転生して普通に生活している最中、徐々にかつての
記憶や能力を取り戻して、葛藤していく…。

という、壮大でファンタジックな内容に引き込まれて、
夢中になって読んでいました。
そういえば、この『ぼくたま』には続きがあるみたいで、
本屋で見かけて「こ、これは…!!」と気になりながらも
まだ手に取れていないなぁ。あきちゃんも書いていたけれど、
わたしも、漫画でさえさくっとなんて読めなくて、とことん
ひたってしまう性分なので、今手にするのは、危険。

日常生活に支障が出てしまう;

あ~、それにしても、
みわさんの紹介してくれてた漫画、とっても面白そう。
タイトルにある『季語譚訪』という部分、響きが素敵。
わたしも読みたくなっちゃった~(≧▼≦)


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年06月12日

「トランク旅行」総仕上げ

優です。

長く取り組んできた台本に、
ようやく区切りをつけることができました。
『トランク旅行』です。
昨年、池袋の朗読文化ホールで開催したリーディングBOX
では「朗読」スタイルで読ませてもらい、
今年、亀戸梅屋敷で開催した同じくリーディングでは
「演読」スタイルで披露させてもらった、とても思い入れの
ある作品です。

総仕上げ、というのも、
舞台に立ったからこそ見えた改善点を修正したものを、
最後に録画として記録に残してもらったから。
本番さながらに、亀戸の舞台上でスポットライトを浴びて
撮影してもらった、のだけど…、

あきちゃんとみきちゃんてば、
「楽しみだ、楽しみだー
なぁんて輪唱しながらキラキラお目めで眺めてくれて、
プレッシャーのオンパレード
ま、、負けないもん!

やり残した、という悔いだけは残したくなかった。
練習本番含め、これまででいちばんの集中は、できた…
と思う。

終わった後、
「あれが本番に出せればよかったね」
という言葉に、報われた気持ちでいっぱいになりました。
本番の舞台で出せなかったことは、悔しい。
でも、改善点をきちんと理解して取り組めば、それは
ちゃんと成果として返ってくる。
まぁ、同時にまた新しい改善点が見えてくるわけだけど…
これは、次の作品での課題ですね。
たくさんのことを教えてくれた『トランク旅行』に感謝
しつつ、この経験は、新しい作品に活かしていきたいと
思います。

そして、体力を使いきったそのあとは。
お楽しみのご飯
&、ティータイム
亀戸にあるコメダ珈琲にて、飲み物1杯でいつの間にか
3時間もおしゃべりしていたわたしたち、なのでした~


lupisブログへのご訪問本当にありがとうございます!!
皆様より応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年06月04日

猫の看護師

優です。

みなさん、猫の看護師を知っていますか?

そのコは図書館で借りた絵本の中にいました。

2017051119250000
























絵本のタイトル通り、傷ついて施設にやってくるさまざまな
動物たちを看病しているらしいのです。
抱きしめたり、身体を優しくなめてあげたり、寂しくない
ようにそばに寄り添ってくれたり。。
動物を越えて癒し合う姿には、胸をうたれるものがあります。

名前はラディ、と、
絵本の中では呼ばれています。
本当の名前は、ラデメネス、というのだそう。

この猫の看護師は、本当にいる猫でした。
実際の写真を見ると、イラストと同じ黒猫ちゃんでした。
おめめがくりくりっとしていて、とても綺麗。
犬やリス、フクロウ、馬のような大きな動物にまでも自然に
寄り添っていました。


いいな。

子供に読んで聞かせながら、
ほんとの話なんだと思うとなおさらに、胸をぎゅうと
されるような、どういったらいいのかわからないような
気持ちになりました。

言葉じゃなくて気持ちでつながってるんだな。
気持ちは、ちゃんと伝わるんだな。。

この絵本は2016年に出版されたものです。
今、そしてこれからも、小さな身体で動物たちに
寄り添いながら過ごしていくんだろうな。

最後まで読んでから、本当にいる猫のお話だよ、
と言ったら、子供がとても驚いていました(^-^)

子供のための絵本選びは、
親子で楽しむ時間にもなっています。
また素敵な絵本を見つけに、図書館行こうっと♪


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 13:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2017年05月19日

読みたい本の選び方

優です。

なんだかすごく堅苦しいタイトルになっちゃいました

そんなにたいそうなことではないんです。
この前稽古で顔を合わせたときに、
「優ちゃんはいつもどんな話を読むの?」
とあきちゃんやみきちゃんから聞かれたのです。
好きな作家のことや、よく読むジャンルなどはこのブログ
でも話しているし、ファンタジー好きだけどそれだけじゃ
ないし、、
さて、どう話せば伝わるのかな?

というわけで、わたしが「読みたいな」と思う本選びの
ポイントのお話をしてみようかなぁ、と。
ほんとたいしたことでもないんだけど、ね(笑)

本との出会いの場といえばやっぱり王道は本屋さん、
ではないでしょうか。
パラパラめくってみたり、背表紙のストーリー紹介を
読んでみたりしますよね。
お話の題材にひかれるパターンと、文体にひかれる
パターンが、まずあります。
わたしにとっては、この後者がとても大切です。

どんなにお話の内容が面白くても、読みにくい文体だと
読み進むのがしんどいし、他の作品にはまず手が
のびないです。
あくまで自分にとってなので、人によっては選ぶポイントも
好む文体も違うんだろうなぁ、と思います。
その人ごとに違ってる。
それが面白くもありますね

そして好きだなぁと思う作家さんに出会うと、コンプリート
したくなっちゃいます。
あとがきを読むのも楽しみなので、そういった作家さんが
エッセイや日々の日記なんか書いてくれると、これも
手に取りたくなっちゃいます。

これを書いた人は、こんな人なんだな。
執筆中はこんな事考えてたんだ、
普段はこんな人なんだな…
というように。

今も読んでみたい本があって、これはタイトルが強烈に
印象的で、興味をひかれています。
だって本のタイトルの中に「朗読」が入ってるんだもの。
未熟ながらいち表現者としては、読まねば…
いや、ぜひとも読んでみたい

作者は「博士の愛した数式」の著者でもある、小川洋子さん。
映画にもなったし、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
有名だったので「博士の愛した数式」は読んだこともある
のですが、ずいぶん昔だし、今読んだらこれもまた新しい
味わいがありそうで、じわじわ気になっています。

だけど、本を読むのは、今は、、おあずけ。
今再び取り組んでいる「トランク旅行」の仕上げを6月に
控えているから、まずはそちらを頑張ってから、ご褒美に
読みたいな。


そしてその後には、
あきちゃんの書いた、わたしにとっては初めて取り組む
作品が控えています。
何年も一緒にやっているのに、肝心の彼女の作品の
コンプリートには、まだまだまだまだ
到底及ばないなぁ。

千里の道も、一歩から。

次の読みたい作品を手にするためにも、
まずは「トランク旅行」

がんばろっ



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 13:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック

2017年04月11日

自転車デビューの日

先週末はるぴすイベントの「お稽古交流会」でした。
他表現者の方々と触れあえる、わたしにとって数少ない貴重な
交流の場です
楽しみにしていたこの日、うちでもちっちゃなイベントがありました。

5歳になるうちの男の子に、自転車が届く日、だったのです
どうだったかな、嬉しそうに走らせてたのかな、、
楽しかったイベントを終えて、子供の「はじめて」を想像しながら
帰宅すると、玄関で出迎えてくれた子供に「ちょっときてきて」
と手招きされました。

部屋の中には、届いたばかりの、ピカピカの自転車が。

どうやら、雨が降ったり止んだりの天候に、新しい自転車を汚す
のは勿体ないと思ったようで、部屋の中でペダルをこいで遊んで
いたようです。

明日は晴れますように、

と一緒にお空にお願いをして寝ましたが、、
翌日も、朝からあいにくの、雨。
日曜日に乗れないと、また次の週末まで乗れなくなってしまう。

小雨になっていた午後、思いきって自転車と一緒に外に出て
みました。
ぽつ、ぽつんと降ってはいますが、気にするほどではありません。
ついでに人もほとんどいません…
「はじめて」の運転には、うってつけなのでは。

車輪付きとはいえ、三輪車以外で乗る、初めての二輪車。
最初は力の込め方がわからず固そうで、前に進みにくそうにして
いたけれど、慣れてくるとぐんぐん、ぐんぐんあっという間に前の
ほうに自転車で走っていってしまいました

待ってー、という声もまったく届かずまさに、猪突猛進。

子供ってね、夢中になると周りが見えませんね
公園の周りをぐるりと走ると、ちょうど桜が満開で、小雨の中の
花見もついでに楽しめました

雨はじきに強まってきて、帰りはザーザー降りの中を傘もささずに
歩きましたが、桜の木を眺めていると、まぁいっか。
となぜか急ぐ気にもなれず。

(春雨じゃ、濡れて行こう)

春の雨と桜、に、にわか詩人の気持ちになりながら帰ったのでした。

ずぶ濡れになったけど、
まぁいっか。
桜、綺麗だったなぁ~。

2017040809190000























lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ


lupiswork2 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO