オリジナル作品について

2018年02月01日

あきの言葉の音 -10

歌が好き
聴いても 聴いても
聴き足らないくらい
歌っても 歌っても 歌っても
歌い足らないくらい
それくらい歌が好き

動くことが好き
前のように踊れなくても 
今のめいっぱいで身体を動かすと
心が躍る
だからやっぱり動くことが好き

書くことが、好き?
書いても 書いても 書いても
その分だけ未熟さを思い知らされるだけなのに
苦しい時間のほうが多いのに
出来上がったときの一瞬のために止められない

簡単に「好き」と言葉にできるほど
書くことは簡単なことじゃなくて
私にとっては大変なことばかりだけど
『自然なこと』になっている
続けていきたい『大切なこと』になっている


※「lupisの言葉」にある作品は、lupisにとって大切な作品ですので、
  無断で複写・使用することはお控えくださいね。

本日もlupisブログへのご訪問、本当に感謝しています

今日も皆様からの応援のワンクリック ”ぽちっ”押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 02:01|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年07月23日

あきの言葉の音 -9


どっちだろう?

人見知りだけど
人が好き

臆病だけど
いたずら好き

外出好きだけど
お家時間が好き

計画派だけど
おおざっぱ

泣き虫だけど
強がりで

強がりだけど
甘えんぼ

一人でいるのは不安なのに
一人でいたかったりする

でもそういうの、
きっと私だけではないね


※「lupisの言葉」にある作品は、lupisにとって大切な作品ですので、
  無断で複写・使用することはお控えくださいね。

いつもlupisブログへのご訪問、本当にありがとうございます

本日も”ぽちっ”と、応援のひと押し、皆様のワンクリックをいただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2015年04月06日

あきの言葉の音 -8

心の中にあるこの気持ちを
どんな「言葉」にすれば伝わるのか
どんな「声」で伝えれば届くのか

いつもどこか探してる

私を知る人にも
私を知り始めてくれた人にも
心の温度に近い言葉を伝えたくて

いつもどこか探してる

けれど

時として
思いもよらない方向に流れてしまうことがある
そんなとき
塞き止めようと抗えば抗うほど
遠いところへ押し流される

掴んだ痛みとともに
浅い探し方だったためと
感じるものの
答えが分からないまま同じ波を繰り返し
起こしてしまうことも多い

だからこそ
そういうことにならないよう
どんな言葉なら
どんな声なら
この心が届くのか

私はいつも
いつもどこか探してる

※「lupisの言葉」にある作品は、lupisにとって大切な作品ですので、
  無断で複写・使用することはお控えくださいね。

本日もlupisブログへのご訪問、本当に感謝しています

今日も皆様からの応援のワンクリック ”ぽちっ”押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年09月30日

あきの言葉の音 -7

約束

あなたは
私に約束してくれたことを覚えてくれているだろうか
独りでどうしようもない気持ちに覆われていたとき
あなたが私にくれた気持ち

その約束があったから今 私はここにいる

 《ずっとそばにいるから》
 《ずっと味方でいるから》
 《ずっと信じているから》

その 「ずっと」は、 「永遠」だろうか
あなたの約束は永遠を示していたんだろうか
あなたがいなくなったこの世界で
まだ続いているんだろうか

残った約束は 
「ずっと」 私の中に有り続けてくれるかな

※「lupisの言葉」にある作品は、lupisにとって大切な作品ですので、
  無断で複写・使用することはお控えくださいね。


本日もlupisブログへのご訪問、本当に感謝しています

今日も皆様からの応援のワンクリック ”ぽちっ”押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年07月20日

あきの言葉の音 -6

「今」の私を「いいね」と言ってくれる人がいる
「今」の私をみて、「過去」の私に興味を抱いてくれる人がいる
「今」の私をみて、「未来」の私を楽しみにしてくれる人がいる

ああ
時間ってやっぱり繋がっているんだな

私は目の前にいる人たちや物事の
「今」と
「過去」と
「未来」をみるたびに
時間が繋がりを不思議に
そして愛おしく感じていたけど

それは私自身の中にもあることなんだなと
「私」をみてくれる人たちの言葉から改めて気づかされる

「時間」は繋がっていて
続いていくんだな

それが妙に不思議で
たまらなく愛おしい


※「lupisの言葉」にある作品は、lupisにとって大切な作品ですので、
  無断で複写・使用することはお控えくださいね。


本日もlupisブログへのご訪問、本当に感謝しています。

今日も皆様からの応援のワンクリック ”ぽちっ”押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 21:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)mixiチェック
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO