2018年05月19日

きゃらぶき

こんにちは、みきです。

叔母が私の大好きな「きゃらぶき」を送ってきてくれました。

IMG_1227













『足が痛いから、もう来年は作れないかも。
「ふき」は山の高いとこにあるから。』という叔母の言葉。

わざわざ自分の足で採ってきた「ふき」で作ってくれたんだと思うと、とっても嬉しくて、遠くにいる叔母を感じながら
このきゃらぶきを少しづつ大切にいただいています。
これがめちゃめちゃ美味しいのです

自分で料理する時は、当たり前のようにスーパーに行くけど、材料を採ってくるところから始まってるんだなと思うと、
料理ってやっぱり『愛情』なんだな、としみじみ感じる
今日この頃なのでした。


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング



lupiswork2 at 15:00│Comments(2)mixiチェック みきの部屋 

この記事へのコメント

1. Posted by Rin   2018年05月21日 09:22
採ってくるところから、となると
大変です。
それでも作って届けてあげたいと
思うことが、みきさんに対して
叔母さんが貴女を大切に思っている表れです。
これくらいのものは買えば済む話だけど、
と思う若い人も多いのでしょうけど、
愛情と受け取ってくれると叔母さんも
嬉しいでしょうね。
2. Posted by lupisみき   2018年05月22日 21:35
Rinさんへ
今の年齢になってから親しいお付き合いが
始まった叔母なので、手作りのものをいただけること自体、とても嬉しいんです。
この感謝の気持ちが叔母に伝わっているといいなと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO