2018年05月24日

DVD鑑賞: アビエイター

あきです。

レオナルド・ディカプリオ主演の「アビエイター」を
観ました。

アカデミー主演男優賞に初ノミネートされた作品で
タイトルだけ覚えていて、どんな映画なんだろうなあ
と、気になっていたもの。
やっと観ることができました。

「アビエイター」の意味は「飛行家」。
この作品の主人公、ハワード・ヒューズの半生を
描いた作品で実話なんですよね。

無題



















実話、ってところでまず驚いたのが、これほどの
お金持ち・・・ううん、大富豪、っていうほうがしっくり
くる・・・こんな大富豪が本当にいるんだ。。。
いたんだ。。。ってこと。

もう、飛行機への愛情、こだわり、執着がすごい。
それ以外は全く無頓着な感じ。
財も命も全て、自身の全てを飛行機に賭けて、
だからこその成功と、それゆえの失敗や孤独が
繰り返し、彼を渦巻いていく。

成功してさらに果てない夢を描き、追い求める
一方で、理解されない輪のなかで蝕まれていく
心が痛々しく思った。。。

また、ディカプリオの繊細な演じ方が、より痛々しさを
感じさせくれる。
飛行機に夢中になっている姿も、
少しずつ心のバランスが崩れていく様も、
光と影の見せ方が良いなあと思ってみていました。

まあ・・私個人としては、好きなジャンルの映画では
ないけど、それでもこの映画を見て、この実在した
主人公がその後どうなったのか気になって調べた
くらい、ディカプリオの演技が良かったなあと
思います。o O

それにしても、すごい人が実在したものだ。。。。



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング



lupiswork2 at 19:30│Comments(0)mixiチェック あきの部屋 | メンバー趣味の部屋

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO