2017年12月03日

超ミニバナナ

もう1ヶ月以上経ってしまいましたが、10月半ば、大阪、
長居公園植物園へ行きました。

微妙なお天気でしたが、秋の始まった園内をぶらぶら散策。

そして、時期をはずしてしまったけれど、ご紹介したかった
ものを発見

超ミニバナナ

NEC_0312
























と、実は、カンレンボクという樹木の木の実です。

写真がヘタですね。
実物の大きさが分からない

この写真の実が、手で軽く握れるほどの大きさです。

ですから、ひとつひとつのバナナのような実は、
指先に乗るほど。

木になっているのはこんな感じ。

NEC_0311

























木の全容はこんな感じ。

NEC_0313
























と、いろいろお見せしても、やっぱりその大きさを
お伝えするには写真がヘタ過ぎ~

でもね、すごくかわいい実なんですよ



植物はむずかしいです。

花が見たい、実が見たいと思っても、その時期を逃すと、
次に見られるのは1年先、ものによっては数年先、数十年先。

このカンレンボクの実も、ひと月以上たった今では、
この姿はもう見られません

今は紅葉の季節ですが、それも、この時期を逃せば、
見られるのは1年後になってしまう

普段は、あっという間に1年経ってしまう~
なんて思うけれど、その時期を待つことを考えると、
1年ってすごく長く感じますね~



長居公園植物園は、大阪市内で、大自然まっただ中の
気分が味わえる、ものすごく広い公園。

自然史博物館も併設されていて、1日楽しめます。

入園料がいりますが、私は年会費を払っていて、
いつも思い立ったが吉日でGoします。

大人も子供も、ひとりでも友達とでも、デートにでも
家族連れにでも、ほっこりしたい時なんかに行くと、
開放感いっぱい楽しめる公園だと思いますよ


ひろこ

lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ

lupiswork2 at 16:27│Comments(0)mixiチェック ひろこの部屋 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO