2017年02月15日

次へ

リーディングBOX終わりましたね。
みきちゃんは受付だけでなく、いろいろと見えない部分の
制作準備を、
優ちゃんは演者だけでなく、受付フォローなども対応して
くれて、それぞれよく頑張ってくれました。
そしてそして、今回の会場アナウンスを担当してくれたのは
なんと、ひろこさん
はっきり綺麗なアナウンスでした
みんな本当にお疲れさま。

それにしても。
そっか。
「トランク旅行」って今回で3回目の公演だったんだなあ、
って、みわさんと優ちゃんの記事を読んで思ってました。
1回目は大阪で公演だったよね。
まさに「THE 一生懸命!」
って感じで演じてたかな(苦笑)
そして2回目は演読ではなく、朗読で演らせました。


みきちゃんの「比翼のきもち」は東京と大阪では、
私が動きを総入れ替えさせてしまっていたから、覚えなおす
のが大変そうだったけど、
優ちゃんの「トランク旅行」は同じ動きのままでの再演。
とはいえ、数年前の動きを振り返るのは大変だったと
思います。


そして作品に費やしていた時間は、本番にしっかり形として
表れていたと思います。

P1020942










P1020947










P1020936











作品に描かれていることをしっかり把握し、言葉や音の響きに
こだわり、そのうえで演出している動きの意味と結び付けて
いく。
意識や伝えたい世界がぶれないよう、集中力を高めながら
演じる。


まだまだ未熟で、まだまだ精進しなければならない部分が
いっぱいありますが、本番は今の彼女の精一杯、BESTを
お客様に見せていたと思います。

だからこそ、「次はもっと!」を目指して、しっかり反省点や
改善点を「厳しく」見つめる作業が必要。

公演が終わった今だからこそ、この時間も大切にしようね、
優ちゃん。


今週末はlupisのミーティング。
しっかり話し合って、次へ繋げていこう。


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 20:30│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック あきの部屋 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO