2018年04月25日

新宿御苑

あきです。

この間、初めて「新宿御苑」に行ってきました。
東京に住んで長いのに、ここは一度も行ったことがなくて。

都会のオアシス、東京観光場所のひとつにも挙げられて
いるので、どんなところなのか行ってみたいなあと思って
いたんです。

その日のお天気はあいにくの曇り空で、しかも肌寒い日
だったんですが、平日ということもあり、ゆったり気持ちよく
散策できました。

入ってみてびっくりだったのは、

「なんか・・・一本一本の木が大きい!!!」

ということ。

IMG_1182













「木、って大きいんだ。」

と改めて感じたのに加えて、空に向かって伸びている
枝えだの形も綺麗で、そんな場所をのんびりのんびり
歩いているのが本当に気持ちよく感じる場所でした。

そういえば、この新宿御苑の景色、新海誠監督の作品で
見たなあ・・・なんて思いながら、ふと、あるポイントに
来たとき、女の子が一生懸命そのポイントに向かって
スマホのレンズを向け、写真を撮っていました。

日本庭園内の旧御涼亭付近にある「東屋」というポイント
です。

「あ、おんなじ構図で写真を撮ってるんだ。」

そう思って、撮り終わるのを待っていたら、女の子が
スマホを手に

「Please take a picture.」

と声をかけてきました。
映画のシーンの再現的に撮って欲しかったようで、
撮った写真を見せてきます。

「言の葉の庭」のワンシーンでした。

私は、英語で声をかけられたこともあり、見せられた
スマホのワンシーンから、瞬時に映画のタイトルが
浮かんでこなかったこともあって、

「Shinkai? Shinkai、Anime movies?」

ぱっと浮かんだ監督名だけをなんとか返すと、女の子の
表情がぱあぁっ、と明るくなり、

「Yeah! That's right!! I'm a fan! fan!!」

女の子は一緒にいた男の子を引き連れて、映画の
場面そのものに椅子に座りました。
私が新海監督の「言の葉の庭」を知っていることが
よっぽど嬉しかったのか、その後、

I'll take a picture.」

「撮ってあげる」と、なぜか私たちも同じ構図で撮ってもらう
ことに。

それから、「もう一枚撮って欲しい」という女の子に
またカメラを向ける私

その作品のファンで、作品世界の中に入ることができて
ものすごく嬉しそうな女の子を見ていると、さらにもう一枚
特別な角度で撮ってあげようと、
I will take one. another one.」と、つたない英語でパシャリ

そしたら女の子は大喜びしてくれて、自分がこれまでに撮った
写真をスクロールしながら見せてくれました。
お互いつたない英語でのやりとり。
だけど、好きな作品のことを共有できるのが嬉しくて
楽しい!、っていう気持ちはすごく伝わってきたなあ
本当に好きなんだなあ、可愛い。

一生懸命話をしようとする女の子に、男の子が

「もういい、もういいって。」

と言ったのが聞こえて、私はこれも何かの縁だからと、
最後に別のポイントでも撮ってあげようと思い、

Shall I take a picture?、this one?」

と。
私のこの言葉、思わぬ一言だったんだね、女の子が、

정말!?(本当に!?)」

と、韓国語で大喜びに。
それまでの英語の中に、「あれ? それって韓国語かな?」
って思うところもあったので、もしかして、って思っていた
んだけど、「やっぱり韓国人だったんだ。」と韓国の子と
話ができていることに嬉しくなって私もどきどき
私は、韓国の言葉も好きだから、目の前で聞けてすっごく
嬉しかったの
英語じゃなくて、「진짜예요(ほんとだよ)」って返せばよかったな。
(⇒そんな言葉の即興力はないので、切り替えることも
できず、あくまで英語のまま・・・)

IMG_1191










お互いつたなく不器用な英語でのやりとりだったけど、
なんだかお互い楽しい気持ちはしっかり伝え合えたのが
嬉しかったな・・・

「いやー、可愛い子だったな。」

そう思いながら、女の子と別れ、また御苑散策の続きに戻り、
しばらくして、ふとあることに気づいた。。。。

あれ?
あの男の子、日本語で「もういい、もういいって。」って
言ってたよね? 


・・・え?
日本語・・・・日本人だったんじゃない!!?
(君、ずっと私らのそばで黙って突っ立っていたけども・・・)


早く言ってよぉ~・・・
なら、私たちの間、通訳できたんじゃないのー!!
二人して頑張って英語でやりとりして・・・・やれやれ

だけど、都会のオアシスの中で、癒され、楽しい時間を
過ごせたのは良かったな

また、行ってみたいな

IMG_1183










lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング



lupiswork2 at 13:35|PermalinkComments(2)mixiチェック あきの部屋 

2018年04月21日

ノンホールピアス

こんにちは。lupisのみきです。

「ピアス」って可愛い
と思うものの耳に穴を開ける勇気はなく。。。
でもイヤリングは着けてると耳が痛くなっちゃう、
なんてことを友人と話していたら、
『ノンホールピアス』というのがあるらしいよという言葉が。

ん?ノンホール?
穴がない?穴を開けないピアス?
気になる

早速調べてみることに。
なるほど、こんな感じかな~
と、試しに2つ作ってみました(^^)/

P1040711










どちらもイヤリングより軽い感じ♪
右のは、耳に着ける金具が樹脂でできてます。
透明で目立ちにくいから、よりピアスっぽい感じ。

左は金属。金具の幅が広いので着けてて痛くなかったですよ。
自分の耳たぶの厚さに調整すると、外れにくくなるかも。

手作りだと、失くしちゃってもまた作り直せるから
ちょっと安心です
そこが手作りのいいところかな。
(あ、クオリティーは別ですよ~


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング







lupiswork2 at 19:00|PermalinkComments(2)mixiチェック みきの部屋 

2018年04月18日

小さなお話~さくらくんとさくらちゃん~

近頃、即興でお話を作る、という遊びをしています

 

バスや電車の待ち時間に、

子供の退屈しのぎにはじめた遊びなので、

他愛もない内容はあってないようなものなんですが

 

 

たとえばバス停の前に「バンダナクリニック」と
「みどり薬局」があれば、

バンダナくんとみどりちゃんの物語になるし、

駐車場マークの「P」はPくんとして登場、

ふたり()の仲に割り込んでお話に華をそえたりします。

(と、いうほどたいそうな内容じゃないけど…)

 

今回は、落ちてたさくらの花びらを2枚拾って、

「さくらくんとさくらちゃんのお話、聞きたい」

とリクエストされたわけです。

ちなみに音で表すと、

「さくら➘くん」と「さくら➚ちゃん」です。

違い、伝わるかな?

頭高と尾高のアクセント。

読む音も、子供のリクエストなんですよ。

わたしが普段、音にこだわっているのが伝わっているのか、

「さくら➚くん」とか「さくら➘ちゃん」とか読んだら、

ちがうよ、と注意を受けました。

す、すみません

 

 

この物語は、前編と後編になりました。

抜粋してみると、こんな風。

 

『花びらのさくらくんとさくらちゃんは、

暖かなちっちゃい手のひらに救いあげられて、

バスや電車に乗る冒険に出かけたのです。

まさか生まれ育った桜の木から離れて
旅に出る日が訪れるなんて、

ふたりにとっては想像すらできなかった、

ドキドキわくわくな旅だったのです』


というところでバスがやってきたので、前編終了。

(音声ではこんな感じ)
 

後編は、夜寝る前の読み聞かせにせがまれて、

これも急遽考えました。

 

『たどり着いた場所は、さくら並木の大通り。

たくさんの新しいお友達と、

風に吹かれてくるくる回りながら鬼ごっこを楽しんだふたり。

すっかり暗くなったので、もうお休みの時間です。

眠りにつく前に、さくらちゃんはふと思いました。

あの男の子の手、とってもあったかかったな。
また、会えるかな。

さくらくんも思いました。あの男の子は○○くん(子供の名前)
といったっけ。

この道、また通るのかな。会えたら一緒に遊びたいな。

そうしてゆっくり眠りに落ちていくのでした。

おやすみなさい。』

 

で、この物語は終了。
(後半の音声はこんな感じ)

子供も一緒に眠ってくれると、母は大助かり…

 

という作戦も兼ねた遊びなのです

 

お話の展開が思い付かなかったり、想像と違ったりすると、

子供も一緒に考え出したりして、

親子でけっこう楽しめます。

小さいお子さまのいらっしゃる方、お試しあれ

 

優でした


2018033017480000






















こんな場所にも「さくらくんとさくらちゃん」み~つけたっ


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 17:00|PermalinkComments(2)mixiチェック 優の部屋 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO