2018年03月07日

輪唱と効果音

あきです。

先日、カルチャーで「怪談」作品に取り組んだことを
お話しました。

1月~3月の間は、なるべく気持ちの解放や、
表現の広がりにつながるようなレッスンをしようと
思っています。

怪談話もそのひとつでした。

ということで、その次に試みたのが「輪唱」と「効果音」。

擬音の多い題材をもちいて、輪唱や効果音を人の声で
演じることで、作品世界の雰囲気を広げるレッスンを
しました。

最初は、「難しいー!!」と、眉をひそめあっていた
生徒さんたちでしたが、見本を見せながら少しずつ
理解と想像ができてきたようで、地文を演じている人に
合わせて、綺麗な音を入れるようになりました。

始めは、地文に対して一人の輪唱・効果音だったのが
次は二人に追加し、最後は三人へと。

音が感じさせる「感覚」を感じてもらいたくて、
私も混ざって演じてみました。

音の響き、そして重なりにもこだわって演じる。

その楽しさをもっとレッスンを通じて行いたいなと
思っています。



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 14:00|PermalinkComments(0)mixiチェック あきの部屋 

2018年03月05日

怪談話

あきです。

lupisでは私を含め、メンバー全員「怪談話」が苦手なので
絶対に演らないジャンルの作品です。

ただ、カルチャーでは生徒さんたちの要望があったので、
一度だけと思い、最近、レッスンで怪談話をやりました。

怪談話の難しいところは、あからさまに、「怖がらせてやる」
と思って読んではいけないところです。

みんな手にしたお話を、「いかにも」な声色とスピードで
演じようとしていましたが、聞いていて逆に間延びに感じたり、
その「いかにも」な声色に聞き疲れてしまったり・・・。

怖い話であっても、やはり演じ方、作品の届け方によって
「怪談」にならないことを、みんなで感じ合うところから
レッスンを始めました。

ではどうするか。
「いかにも」の空気やノリだけで演じるのではなく、
やはり、どういう情景かをしっかり思い浮かべて届けようと
することが大事。
そのうえで、最後のオチをどう聞かせるか、ここが一番
「間」が大切になります。

最初は、「怖い」「怖い」と言っていた生徒さんも、そのうち
どうすれば聞き手を情景に引き込んで、最後に「はっ」とさせるか
を真剣に考えて読み込んでいました。

情景描写・・・そこにある温度や音などもしっかりイメージして
相手にしっかりイメージを届けること。

これは怪談に限らず大切なこと。
「怖い」というスパイスだけに気をとられて雰囲気で読んでは
いけない。
イメージすることが取り組むうえで、やはり大切なことなんだ
ということを学んだ時間でした。

とはいえ・・・・
やっぱり怪談話は怖いからいや(><)
次回からはまた課題の作品に戻りますよ☆

けど・・・
「怪談」でありがちな、「あ! 後ろに・・・!!」と、お互いからかい
合って楽しむ生徒さんたちの無邪気な姿を見られたのは、
なんだか可愛く感じました(^^)



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ



lupiswork2 at 16:25|PermalinkComments(0)mixiチェック あきの部屋 

2018年03月02日

映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」

あきです。

イベントも無事終わったので、次の活動の前に、
気持ちの切り替えをしようと思い、映画を観てきました

映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」

夢枕漠さん原作の映画で、しかも日中合作映画。
セットのスケールや、CGの美しさも予告で垣間見えて
いたので、どんな絵が映し出されるのか気になってたので
期待大で席に座りました。
原作を読んだことがないので、どんなお話なのかなあと
わくわく。oO
わくわくっ.。oO

・・で。
観終わったわけですが。

まだご覧になられていない方もいらっしゃるので、
あまりここで感想を言うのは控えようかとは思いますが。
観ている途中に、

『あれ、これ邦画のタイトル「空海」でいいのかな?』

と。
てっきり入唐した空海がメインのお話かと思いきや、
思っていたものとはかなり違っていたので。
それで「はっ!」と・・・気づいたのが、サブタイトル。
そうか、「美しき王妃の謎」が頭から抜けてた。。。
なるほど!
空海じゃなくて、この「謎解き」がメインなんだよね、と。

描写的には、原作を知らないけど、よく映像化したなあ、
と感心するほど美しいシーンがあって、そのシーンと
シーンの移り変わりも観ていて面白かった。
(逆にちょっぴり怖いシーンもあった・・・

途中、「おや? ここで?」みたいなところで、英語の
曲が流れてきたのは、個人的にはちょっと違和感が
あったけど、RADWINPSの曲自体は、耳にして
気持ちのいい曲でした
っていうか、楊貴妃・・綺麗ね~目の保養だわ。

それにしても、こういう史実を絡めてのお話って
難しいんだろうなあ・・・。

行った映画館は吹替しか上映されていなかったので
それで観たけど、若干声と演技が合っていないように
感じたので、やっぱり字幕のほうがその俳優さん
そのものの呼吸や息づかいを感じられてよかったのかも
と思いました。。。
(吹替されてる俳優さんたちの声自体は良かったんですけどね)

けど、綺麗な場転や描写を楽しめたのは良かったなあ。
座席もスクリーンに対して一番目線のいい場所をとれたので
良かった!!

次は何観ようかな~


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキングへ




lupiswork2 at 22:00|PermalinkComments(0)mixiチェック あきの部屋 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO