2018年07月09日

こども自然公園、散策

週末の出来事です。

朝、雨が降っていましたが、午後から晴れる、

という天気予報を信じて公園へ

 

2018062410490000
























相鉄線南万騎が原駅から、歩くこと10分。

こども自然公園は、大きな池や田園が広がる
のどかな公園です。

 

 

しばらくすると、

予報通りに雨がやみました

 

2018062410450000
























2018062410440000























 雨上がり直後の紫陽花たち

 

色彩豊かでいつ見ても可愛らしい花だけど、

水滴がくっつくと、ひときわ綺麗に見えます。

今が季節の花だけあって、
紫陽花には雨がよく似合うなって思う

 

自然豊かな公園をのんびり散策していると、

日常の慌ただしさから解放されて、

ほっと気持ちが落ち着きます。

目にも優しい、心のお洗濯

 

こんなふうに、何も考えないぼーっとした時間も、

大切だなって思う。

自然に感謝しながら葉っぱ散策していたら…

 

 

2018062410500000























四つ葉のクローバー、発見!

 

気をよくして一生懸命探したら、

さらにひとつ、

もうひとつ、、

 

家族分のクローバーが見つかりました

 

 

同じ敷地内にある、ちびっこ動物園にも
立ち寄りましたよ

 

2018062715130000
























ハツカネズミ、モルモット、鷄たちとも触れ合って、

何かをしたわけでもないのだけれど、

なんだか、とても満たされた心地よさでした。

 

優でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング





lupiswork2 at 18:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 優の部屋 

2018年07月07日

「職人衆昔ばなし」斎藤隆介

こんにちは。みきです。
教えていただいた本を読んでみました

『職人衆昔ばなし』
著者は斎藤隆介さんです

ん?どこかで聞いたお名前。。。と思っていたら、
『モチモチの木』『ベロ出しチョンマ』の作家さんでした。
私の中では絵本作家のイメージだったので、ちょっと驚き。

この本は、いろんな職人さんに作者が直接お話しを聞いたものが集まっています。
職業は、大工、左官、瓦師、石屋、螺鈿師、表具師・・・
など様々で、中には「指物師」という職業もあって、
「こんな職業があったんだ~」と興味がわきました。

職人さんの語り口調そのままで書かれているので、
「本を読んでいる」というより、その場でお話を聞かせて
もらっているような感覚。
明治生まれの職人さんたちの語り口調がとても心地よく、
すがすがしい感じです
時代の流れのゆったりした感じや空気感もあったかいです。

その人自身の言葉そのままだから、職人さんのその人となりがとても感じられて、これは、標準語できれいに整えられていたら決して伝わらないものだろうなと思いました。

また、職人さんのこだわりがすごいのです!
名人なのにとても謙虚だし。でも、謙虚だから名人と呼ばれる域まで達することができたのだろうな。
職人さんの言葉には学ばされることが多く、大切なことを教わっている気がします

私が素敵だなと思ったところは、人情を大切にしているところや、本当の意味での人とのつながりが感じられたこと。
人と人、人間味、心、、、人として大切なことがあって、
そこで人々がつながり育んでいっている大切な関係性があるってほんと素敵だなぁと。

今の時代は、いろんなものが手軽に安く手に入れることができて、それはそれで助かるしありがたいことなのだけど、
職人さんが命を吹き込んだ本物に触れてみたい!見ていたい!と思いました。

これまでは絵画や美術品など海外のものを見に行くことが多かったけど、日本の美術品にも機会があれば触れてみたいなと思います。

何より、職人さんたちのお話を聞きたくて、また読み返したくなる、そんな本でした。とても面白かったです

最後に、この本を紹介してくれたRinさん、素敵な本を教えていただきありがとうございました!

lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング






lupiswork2 at 12:00|PermalinkComments(7)mixiチェック みきの部屋 | メンバー趣味の部屋

2018年07月02日

そうにゃんパン

相鉄線のパン屋さんに、

そうにゃんパンが販売しているらしい。

 

という情報を入手したので、

早速見に行きました

 

あった~

丸いパンにそうにゃんの焼き印が押された、

そうにゃんパン

 

お店で撮影ははばかられたので、

おうちでお皿に置いての撮影です。

 


こんな風に

2018060618010000























 

ふっくら膨らんだパンの真ん中には…


 

2018060618000000























そうにゃん

 


さすがは相鉄線のマスコットキャラクター、

人気者のようです。

お店はヴィ・ド・フランス、

ちょっぴり高級感漂うパン屋さんですよね。

相鉄線とのコラボで作られたパンらしくて、

子供向けにチョコやクリームを詰め込んでるのかと思いきや、

ふかふかのパンの中身は予想外に、あんパン。

甘さ控えめの粒あんとホイップクリームがぎっしり

 

わたし、自他共に認める甘党で、
あんパンも粒よりこしあんが好みなんだけど、

この組み合わせは、とっても美味しかったです。

 

そうにゃん効果で、

子供も「おいしい」と頬張っていて、

そうにゃん愛は深まるばかり

可愛くて美味しいパンのおかげで、

楽しいおやつタイムでした~

 

優でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング





lupiswork2 at 18:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 優の部屋 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO