2012年06月11日

弦楽オーケストラ  byあき

この間、久石譲さん指揮の弦楽オーケストラを聴きに行ってきました
「詩響シンフォニックライブ」。

先日の『お気に入りの「音」』でも書いたように、私はヴァイオリンの音色がこのうえなく大好きです
だから、弦楽オーケストラなんて、もう本当に幸せいっぱいの時間でした

私が、久石譲さんを知るきっかけとなったのは、子供の頃、本当に感動して何度も観なおしたアニメ映画、「風の谷のナウシカ」の音楽を担当された方です。
ナウシカがメーヴェー(⇒空を飛ぶときに使ってたもの)に乗って空に身を任せるシーンのときの音楽なんて、私の身体も音楽に乗って空を飛べたかのような感覚があって、本当に聴いていて気持ちのよい音楽だなあって思います
もちろん、それだけではなく、他にもたくさんの映画音楽を創られています。
「銀河鉄道の夜」とか、これからの季節、夜聴くと美しい音に贅沢な時間を過ごせそうです

その、久石譲さんが指揮するオーケストラ
久石さんのストーリー性のある音楽も好きですが、リズムやテンポを楽しむミニマルミュージックも聴いていると音の渦に惹きこまれる感じがして大好きなので、今回の弦楽オーケストラでのミニマルミュージックは本当に楽しかった・・。。。
・・時間が、あっという間だった。。。
SH350965

オケの方々の弦を引く姿もとても素敵で・・
一人ひとりの演奏表現が指揮者の元、綺麗に重なって音楽になっているんだなあって思ったら、もう、胸が高まりっぱなしの時間でした

そして・・その余韻に浸るべく、久石さんのCDを引っ張り出しては、あれこれ聴いている私なのでした


いつもご訪問とともに温かい応援をありがとうございます。
皆様の優しさに、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
この感謝の気持ちを繋いでいくべく、これからもより楽しいブログ作りに励みたいと思いますので、よろしければポチッ、と応援のクリックをお願いいたします
 にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村


lupiswork2 at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック あきの部屋 

2012年06月09日

お気に入りの「音」  byあき

あきです

普段から音楽はよく聴きますが、好きな楽器の「音」が2つあります
1つはピアノ。
もともと子供の頃から友達が弾いているのを聴いたり、見たりするのが好きだったのもあるけど、さらに好きになったのは中学、高校のときだったかな。

お昼休み、音楽室でピアノを弾く友人の音に耳を傾けているのが、ものすごく気持ちが落ち着いて、それでいて音に触れているのがものすごく嬉しくてわくわくしながら時間を過ごしてたのを思い出します
それに、父のお気に入りのなかの、バッハのピアノ曲、気持ちが綺麗になるみたいで好きだったなあ・・

もう1つはバイオリンの音色。
これは、「いつ」とか、「きっかけ」が何だったのか、思い出せないけど、気がついたら好きになってました。。。
繊細な響きから力強さ、切ないメロディーや甘い雰囲気など・・耳にしているとなんか時間経つのも忘れちゃうくらい聴き入っちゃうことがあります。

私自身はどっちの楽器も弾けないし、音楽のことは詳しくはないけど、弾けない分・知らない分、その音色にそのまんま心を寄せるようにして聴くのが心地よくって

そんな感じで、その都度気に入ったCDなどを聴いて楽しんでます
最近は、葉加瀬太郎さんのBEST集を耳にしながら作業してることが多いかも。
みなさんの好きな「音」はどんな「音」、かな??


いつもご訪問とともに温かい応援をありがとうございます。
皆様の優しさに、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
この感謝の気持ちを繋いでいくべく、これからもより楽しいブログ作りに励みたいと思いますので、よろしければポチッ、と応援のクリックをお願いいたします
 にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村


lupiswork2 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック あきの部屋 

2012年06月08日

海外みやげ  byみき

先日、台湾のお土産をいただきました

台湾、といえば「パイナップルケーキ」というイメージでしょか。でも、ちがうんですよ

これ。
PAP_0970


ふふっ、読めません
なんて書いてあるのかな?

あ、英語もありました。
Sesame Crisp」。ごまの?、お菓子かな?

ちょっぴり甘くて、ごまをそのまま固めたようなごまたっぷりの薄いおせんべいみたい。
食べだすと止まらない感じで、とても美味しかったです

海外のお土産って、何て書いてあるのか分からないけど、その分からなさが何とも楽しいです

住んでいる場所が違うだけなのに、その国ではこの言葉が日常なんだなと思うと、とても不思議な感覚を受けます。「異文化」っていうのかな、そういうのに触れるのって面白いですね

実際に他の国に行って、肌で感じられたら素敵だろうなぁ。お土産をいただくと、その一部分を感じらる気がして楽しいです

日本語に触れる時の、海外の方の感覚もこんな感じなのかしら?
一度聞いてみたいな



いつもご訪問ありがとうございます。
皆様からの温かい応援にいつも支えられ、嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいのみきです。
これからもより一層、優しいブログ作りに励んでまいりますので、よろしければポチッ、と応援のクリックをお願いいたします


人気ブログランキングへ

 


 


 



lupiswork2 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック みきの部屋 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO