2019年02月22日

歯医者さんこわいよ

突如襲ってきた歯の痛みに耐えきれず、、

ものすご~く久しぶりに、歯医者さんに行ってきました。

最後に治療したのが7年前で、受診するのも同じくらいぶり。

付き添いで行くことはあっても自分が治療となると、こわい。ものすごい緊張する~

 

どぎまぎしながら、名前を呼ばれて診察室へ。

レントゲン撮るだけでもこれから始まる治療を想像して、
顔がこわばります。

でもそれ以上に歯が痛くて、この時すでに、
激痛でご飯も噛めないくらいでした。

 

 

「これ、もう神経とるしかないよ。麻酔効くかわからないから、痛かったら手をあげてね」

麻酔が、効かない((((;゜Д゜)))こ、こわい!

そして案の定、ビリビリした痛みが…!

「やっぱり?じゃもう1回ね」

手をあげると、麻酔を増やしてくれたみたいだけど、
またしてもビリビリ痛みが走ります。

 

「痛い?おかしいな、今はあんまり痛くないはずなんだけど」

ぐりぐり、ぐりぐり。

これは…この程度の痛み、我慢しなさい、ということ、
ですね先生

そこからはもう、自分との戦いです。

ギリギリ耐えられる痛みまでは、我慢しよう。

手はあげなくてもなんとか耐えていると、

「はい、痛みが強いみたいだから今日はここまでね」

と言われて終了することに。

とりあえず上の神経はとったらしいのだけど、

しばらく薬で菌を弱めて、痛みが弱まってから奥の神経は
とる、ということらしい。

よ、よかった(;-;)

それにしても、歯も末期になると麻酔効きにくくなるんだ。

しばらく時間が経つと、何もしなくてもじんじん痛んでいたのが、ご飯を噛めるようになりました。

自分の歯で好きなものを噛んで食べれるって、とっても幸せなことだったんだなぁ~

そして、公演前じゃなくてほんっとによかった。

治療はまだ続くようだけど、ご飯が食べられて、夜眠れるようになって、ほっとしました。

 

お医者さんにも怒られたことだし、

これからは歯の健康も大切に、

定期検診もきちんと受けようと思います。

 

優でした



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner



人気ブログランキング




lupiswork2 at 12:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 優の部屋 

2019年02月19日

新作 「僕のそばにはヒーローがいた」

あきです。

久々の新作
1月の公演が終わって、片づけなどをしながら頭の中から
公演台本を手放すことができたからかな、節分を終えた後に
ふっと頭に浮かんできた数枚の絵。

「あ、今回は絵で思いついたんだ。」

ストーリーを思いつくときって、それぞれで、ぱっと一気に
話の流れ全てを思いつくときもあれば、映像で見えるときも
あり、幾枚もの絵のような感覚で思いつくときもあり・・・。

今回は各シーンが絵として閃いた感じで、個人的には
絵をみつめてストーリーを繋いでいく、という作業はちょっと
大変。
絵に合う文章を考えながら、同時にその文章が「音」として
人の耳に理解されやすいか、を考えて書いてるのだけど、
合う文章や言葉が見つからないと、ずーっとその絵を頭に
置きながら生活することになる。
なるべく頭の中の絵が消えないように、イメージを混乱
させそうなテレビや音楽は避けるようにしたりもする(苦笑)

そういう時に限って、好きな音楽をめいっぱい聴きたい気分に
なったりするから。
なんだろうなあ、「だめ」「だめ」って思うと、よりやりたくなるのって。
特に今回は、公演後の解放感もあって、まさに「めいっぱい」
好きな音楽を堪能するぞっ、と思っていた時だったので、
絵を思いついた瞬間、一気に慎重になった。。。
で、欲求と闘いながらの執筆でした(笑)

幸い、2週間くらいで書き上げることができたから良かった

考えても考えても、合う文章や表現が見つからないと、いったん
頭の片隅に置いて、「いつか」のタイミングを待つことになるから。
ほんと、書き上げることができて良かった!!
地味に頭の中で見えない作業をしてるんです(苦笑)

絵と同時にタイトルも浮かんだので、その感覚を信じて
そのままタイトルにしちゃった。

「僕のそばにはヒーローがいた」

20~25分くらいのお話になるかな。
ちょっと不思議な感覚、そしてちょっぴり切ない感覚が心に残れば
いいなと思って書いた作品。

もちろん、主人公は何なのか、種明かしを楽しみながら聴くことが
できるお話としても書いていますよ~

皆さんにお聞かせする日を楽しみに、また、次回公演に向けて
打ち合わせからスタートだわっ!!

ふぁいと


lupisブログへのご訪問ありがとうございます。
皆様より応援クリックいただけるとはりきります。
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner


人気ブログランキング



lupiswork2 at 13:30|PermalinkComments(0)mixiチェック あきの部屋 | 公演準備&お稽古模様

2019年02月10日

絵本の読み聞かせ『100万回生きたねこ』

優です。

 

公演が終わってそろそろ2週間…

 

何か、読みたいな~

ってちょうど思い始めたところで、
小学校での読み聞かせ担当が回ってきたので、

楽しく作品選びをして読んできました

 

今回読んだのは、この本です。


2019020713000000

















    『100万回生きたねこ』

     作者は、佐野洋子さん。

 

読み聞かせ初心者のわたしですら、
今までにも何度か読んだことがあります。

 

そして読むたびに、目がうるうるしてくるお話です。
はたして今回も、パラパラめくっては、うるうる、

小学校で読む前の練習にと、息子に読み聞かせては、
うるうる。。

なんなのでしょう、この気持ち。

悲しいのに、よかったと思う。切ないのに、じんわりとした幸福感に包まれる。最後のページ描かれたイラストからは、ほんのりと優しさが伝わってくるような気がするのです。

 

1年生になる息子は「悲しい…」といいながら、

「みんなに読むのはこれにしたほうがいいよ!」

と強く薦めてきました。

何か、響くものがあったのでしょうね。

確か保育園時代に読んで聞かせたときには、

「よくわからない」とか言ってた気がするから、年齢によって感じかたも変わるんだなぁ、と思いました。

年月が経ったらまた読んで聞かせたい、
そしてまた感想を聞いてみたい。
わたし自身、どんな気持ちになるのか、
また改めて読んでみたい…そんなお話です



lupisブログへのご訪問ありがとうございます。

皆様より応援クリックいただけるととても心強いです
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

人気ブログbanner



人気ブログランキング




lupiswork2 at 18:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 優の部屋 
lupis -るぴす- とは
「演読」というlupis独自の
オリジナル表現・作品にて
舞台活動をしているグループ
です。

演読の他、朗読やちぎり絵、
切り絵、絵画等の芸術的な
ものとのコラボも図りつつ、
幅広い表現活動を手がけて
いこうと試みております。

作品の傾向としては、
「優しさ」「安らぎ」「和み」
と、心温まるものをテーマと
しており、演じ手とお客様と
の間で生み出される   
『優しい心・空間創り』
を理想として取り組んでおり
ます。

どうぞよろしくお願いします。oO